ライブ観戦日記

おはようございます。

この記事までたどり着いて頂きありがとうございます。

 

昨日、ライブを聴きに行ってきました。

 

東京から大好きなシンガーソングライターがやって来るというので、楽しみにしていたのです。

 

会場は冷房で冷えていて、外の生温いジメッとした空気からのギャップなのか、とても快適に感じました。

 

カウンターではビールを。

 

冷えた生ビールはこんな天候の時は美味しいなーと、すぐに飲み干してしまいました。

 

「対バン形式」と呼ばれているイベントの方式がありまして、何組もの出演者を出演させて、企画を成り立たせているというやり方で、今回のライブも行われていまして、

 

最初から、ゆっくりと弾き語りの人たちの演奏を堪能させていただきました。

 

昨日は日中も用事があり、歌って欲しいと言われていたので、ギターを背負って出かけました。なので、帰り道、久々にI中央駅の中で路上ライブをしました。

 

バスが来るのは15分後…という事で、ゆっくりもしてられなかったのですが、歌ってみると…

 

見事に誰も聴いてくれませんでした笑

 

何となく、色んな事が心に迫って来て、身の置き場が無いような気持ちになったり、時には自分の持ち前の武器とも言うべき「通る大声」で歌ったり、人に聴かせようとするといろんな事を思います。

 

さて、昨日一番楽しみにしていた謡人の人の演奏はとても気持ち良さそうで、観客の人たちを取り込んでみんなを盛り上げてくれたトークもまた素晴らしく、

 

バックステージで会って話した時も、屈託の無い笑顔で、とても良くしてくれました。

 

見ていると、みんなその人の事が大好きな様で、みんな楽しそうに出演後の会話に花が咲いていました。

 

自分も含め、その日の出演者を全部見ていて、思ったのは、

 

やっぱり単純に気持ちのいい人、気持ちのいい演奏は、そのまんまでこっちまで気持ちよくなってしまう。という事でした。

 

逆もしかりなんだなあ。とそう思ったのです。

 

自分らしく居る事。楽しいという事。自分が気持ちいいという事。

 

 

そこに打算が無い人ほど、その先のもっと大切な事にアプローチ出来るんだろうな。とそう思ったのでした。

 

帰り道も生温い仙台の空気の中で、ソフトクリームの様にとろけそうになりながら帰宅しました。