千葉ケイコさん企画「心に灯りが灯るまで」

こんばんは。

 

今日は明鏡止水と言う面白くて不思議な講座を受けて、だいぶエネルギーアップしたのを感じたまま、思いつくようにCafe B.B.と言うライブバーへ行きました。

 

Facebookページを帰り道の地下鉄で見てみたら、たまたま今日が「心に灯りが灯るまで」の日だった事を知り…。

 

急いで向かって開演6分後に着きました。

 

最初の出演者は岩手→仙台→神奈川と渡り歩いたあと、再び仙台へと戻ってきてくれたと言うキーボード弾き語りの女性でした。

これから楽しみだな、と思います。何故なら沢山話したから!

覚えていてくれた先に、共演とか出来たなら幸せだろうな、と思いました。

 

その後、大阪、関東の方、そして千葉ケイコさん自身のバンド、と見ていまして、凄く幸せな気持ちになってしまいました。

 

日々の苦しみを歌う歌が有りながら、何故かその人の良さや、心の温かさが伝わってきます。

 

千葉ケイコさんはとてもいい雰囲気の方で、この人のライブはまたみたいな!と思ったのが三月十一日に行われた同企画を見た時。

 

心に灯りが灯るまで、とは、

 

震災の際に灯りを灯して過ごした日々、そして、その先にある心が救われるまでの時間の流れを思い描いた題名、と、言う事みたいです。

 

つくづく、あったかいなーと思います。

 

ミュージシャンをしている人はどこか影のある人が多いですし、それは他のすべての人も同じですよね。

 

悲しみが深いほど、温かくなれる。

 

陰極まって陽に転ず、とはよく言ったものです。

 

そして、その闇が感じられる人であるほど、その人が放つほとばしる温かさは光を増していく様な感じがしていました。

 

一言一言に、まるで聴く人のエピソードに、逆に耳を傾けるような共感の力と、それを屋台骨で支える根拠の様な体験の重みがあります。…というか、そんな気がする!笑

 

僕が歌い始めた理由はそこにあります。

 

大好きなミュージシャンのメッセージ性の部分が好きになり、自分の使命を漠然と感じました。

自分が感じてきた事はもしかしたら根拠として、表現に繋げられるかもしれない。

 

人の心を癒す様な、人間味溢れる、暑苦しい歌が歌いたい!

 

嫌われることもありましたけど、少数の人の心には受け取ってもらえました。

 

自分が満たされると言うのも正直ありました。

 

でも、今になって思うのは、自分のもっと正直な聴く人への純粋な思いが相手の気持ちの中で感じてもらえたとき、そしてそこに何か心の笑顔が生まれた時、本当にやっていてよかった、って思えていたのだと言う事。

 

聴いている人が僕の歌を聴いてから、幸せを心から感じられる様なエピソードを人生に起こす事が出来たなら、もっと喜ばしい事です。

 

千葉ケイコさんのいい雰囲気は、そんな純粋な気持ちが沢山含まれた、そんなライブ活動への思いがそこにあるからなのかもしれません。

 

他の出演者の方々も本当に素晴らしかった。

久々に瑞々しいエネルギーでお腹一杯になりました。

 

感動をありがとうございました😊

 

f:id:yoshiyukik:20170520233636j:image