母の色と父の色

今日は、仕事が午前中だけで終わったので、帰って来てから青麻神社に行きました。

 

…ところで、昨日、母が亡くなるかもしれないという危機が起こりました。

 

しかも、感受性が強い(と自負する)私にとっては結構な負担のある修羅場となりました。

 

 

父はもう亡くなり、母とは長年同居して(女性と二人暮らしをする為にしばらく家を離れていた事があるくらいです)います。

今までは、母に重力をかけて頼っていました。

心理的に大きな体重をかけて。

しかし、今回の事で、離れて生きて行かなければならないという現実に否応にも直面する事になりました。

 

これからしばらく離れて暮らす事も含め、これからの事を深く考えてみました。車を走らせながら(真似しないでください笑)。

 

以前、病気の治療の為に通っていたH耳鼻咽喉科にある統合医療センターでは、母親と心理的にへその緒で繋がった人がいる。という話で、私もそんな人間だったかもしれません。

 

お腹の外に心理的に出ていないので、人との関わりも希薄になっている傾向がありました。

何より皮肉な事に、お腹から声出して話せないので、何をしゃべっているか分からない。と言われる事が多々あります。

 

車を運転していて、自動的な思惟に漂いながら、あるアイデアが降ってきました。

 

今、母と死別したとしても、身体の中に彼女は生き続けるのではないか?

 

遺伝子もそうだし、血液も元はと言えば、原料は母や父の血液ですから、正に「分身」と言えます。

分身という事は「同じ身体を持っている

という事だな、と論理的に導きだしました。

 

 

母も父もとても荒々しい側面がありましたが…

 

小さい頃、母が寝ていた寝床に入ると、自分のとは違う感触がしました。

何だかとても柔らかくて、優しい雰囲気を感じるのです。

 

その後、注意して食べていて気付いたのが、母の手料理を食べると、とてもやわらかい優しい味わいがするのを感じました。

 

母は、動物や、幼い子供などが、痛い目に遭うと過剰に反応する人です。

 

そうか、色々問題はあるけれど、母は元々優しい人なんだろうな。と思っていました。

 

父が家に帰って来ると、部屋の中が何だか落ち着きました。

晩年、お酒に溺れる様になった頃、たまたま母が家を空けていた時、お酒を飲まないで接して来た父は、清浄で、落ち着いた雰囲気を漂わせていました。

 

美術大学に進もうと思い、毎日高校から帰った後、仙台市内にある予備校に行っていたのですが、

ある日車を降りる少し前に、

「中学校のままバレーボール部にいれば良かったのかなあーと思うよ。」

と言うと、

「なーに、人生はその後の事はその時にはわかんねーんだぁ」

と言っていました。

凄く大きな気づきがそこにはあって、とても嬉しく、静けさを感じました。

 

 

母は優しさの人。

父は落ち着きと静けさの人。

 

そんな風に見てみたなら、

 

青と黄緑のフィルムが、重なって、私自身の色を創りだす様に、

 

(私は)大好きでたまらない二人の、大好きな一面が、私の中に重なって存在している!

 

そう思った時、

「ありがとう…ありがとう…ありがとう!」

と、涙とともに口をついて言葉が出てきました。

 

生んでくれたこと、育ててくれた事。そして、もしかしたらこの長い年月を経て、今こんなに大きな体験をさせてくれたきっかけをくれるために生まれて来てくれたのかも知れないという事。

 

…全て、深い感謝でした。

 

青麻神社には、少し大きめの額のお賽銭(500円ですが)を入れました。

 

もしかしたら、それも関係しているのかな?などと思いたくなりました。

 

裏にある三光の滝に向かう道すがらの沢を見ていて、ずっと存在の維持を心配して来た母への冷たい心配の思いを流してしまおうと思いました。

 

ふと、執着がそこから途切れた瞬間、沢の音が「痛感」という言葉にふさわしい様なダイレクトな感触で耳の奥でスパークするのを感じました。

 

「そうか、世界を感じるというのはこういう事を言うんだな」

 

 

自分の色…落ち着いていて、優しさにあふれている。

そんな色を、大好きだという思いと共に身体に満たすと、長年苦しかった胸の奥の苦しさが一気に溶けて行きました。

それと共に、ひどく冷徹に見えた周りの世界が、とても優しくて落ち着いた色に見えて来るのでした。

 

生まれて初めて、「自分って素敵だな!好きだな!」と思う感激を味わいました。