読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力

今日、仕事で色々な事を学びました。

それは、ルーチンになった事の中から精神的な事を学ぶ旅のような気持ちで見つめて受け取ったものでした。

 

私は今、接客業をしています。

何故か、人づてに仕事の話を頂き、苦しいながらも頑張り続けて2年。

今に至るのですが、元々敏感な体質のせいか、毎日相当なダメージを食らって家に帰るのが定例になっていました。

 

正社員として働いてたインターネットの仕事に返り咲こうとして、結局踏みとどまって、それからしばらくして、

黒澤全公式サイト

黒澤全さんと言う、仙台で人の相談に乗ったり、講座を開いている方に出会います。

この巡り合わせは、元の仕事に戻っていたら、出会う事が出来なかったのでは、と思う様な偶然の出会いでして、教わってきた事は、他の方が教えている事とは一線を画すものでした。

 

私は正直、成功して親孝行をすれば、それが一番の望み!と思っていたのですが、それも刷り込みの一つだと気づく過程がありました。

 

自分が受け取る、その事ばかり考えているので、周りからしたらいい気持ちで見つめられる存在では無かったはずです。

 

単純に与えられたなら嬉しいのが当然ですが、それは私自身だけでなく、周りの人たちも同じだったわけです。

 

私は、周りの人に何か手を差し伸べていたかな?と気づきました。

 

沢山持つ、奪い取る!と言う先には、満杯になったら周りに還元したい、と言う思いがあるからこそ、と自分を省みていて思いました。

 

しかし、その深いモチベーションに従うなら、今すぐにでも出来る。

 

そんなことに気づきました。

 

今日はお客さん達の大半が、喜んでくれている様に見えました。

 

頑張って、頑張って、頑張って、

の先には、誰か特別な人に向かって心を向けている自分がいました。

 

日々、休む暇もないぐらい、毎日、毎瞬、頑張ってきましたが、

 

誰のことも根本的には自分が満たしてあげる事が出来ないのだ、と気づきました。

 

黒澤先生からは、そんな緊張感を解く必要があると言うアドバイス。

 

そして、日々試行錯誤する中で、その試行錯誤すらも、必要が無い事が分かりました。

 

奪い取ろうとして、頑張っていたわけです。

 

脱力する理由が欲しかったのですが、理屈抜きに、頑張らない自分を許していると、自然に周りに施そうと言う気持ちが内側から生まれてインストールされていきました。

 

誰しもある運命的な出会いがあると思いますが、私の場合もまた、運命的な出会いだったと思います。

 

的確なアドバイスでした。

 

・頑張るモチベーションがどこにあるのか?

・自分の限界にとどまる事をした上で、本当に嬉しい瞬間を得るにはどうしたらいいか?

 

現実に立ち返って、考え続けて、漸く答えが出ました。

 

ありのままでいい、と言う言葉に多くの人が癒されるのは、

恐らく、何かに応えようとして、擦り切れる程に頑張り続けた結果かもしれない。

 

誰かに同情する為に頑張るのではなく、

 

誰かが遠くで一人幸せを感じているのを許す為に、行動する、

 

そんな気持ちがあったなら、爽やかな気持ち良さが現れてくる。

 

そんな事を実感しました。