読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かに思いを伝えたい時に

こんばんは。

 

私は永らく、人に思いを伝えることを封印してきました。

 

伝えようとすると、喉の奥の方に風と一緒に呑み込んでしまう様な、そんな感覚です。

 

気持ちは何処に行ってしまったのかも分からなくなる。

そして、その上から蓋をかけて、安心(したフリを)する。

 

井上陽水さんの曲に、そんな人の心の中を歌った曲がありました。

「答えが出ずに生きてる事はため息だけの生活

本音を隠し建前飾り笑いは逃げの切り札」

 

思い出しては反芻し、自分を戒める…と言うよく無い展開。

 

そんな中、様々な考え方と出会って、発想を転換したきたのです。

 

そもそも声を発するのが苦手な人が存在する

 

それってもしかして、自分?

と、思いました。

ステージでは喋りまくりますが、確かに喋る声はくぐもってるし、何だか要領が良く無い。

だとしたら、、、思いをストレートに伝える人、と言う理想は何処からきて本質に被さったの?

そして、ストレートな表現って、そんなに素敵なの?

 

そんな考察に繋がったのでした。皆さんは、どんな性質だと自分を見ていますか?

 

エネルギーが低いと、声が通らない

 

自分がイキイキとしてなかったら、人に伝える手段も、それなりに濁ったものになり…想像すれば分かりますよね、そういう人は、相手からの影響を受けまくって、自分の意見と言う軸まで侵食されてしまいます。

 

声がはっきりしているのを目指す、または、はっきりしていない状態の本質を見極める必要があるわけです。

 

自分軸を探ってみる

 

自分の本当の声は、実はこころの本当の部分にいつでもありました。

 

それを先ずは自分が認めて、力をたくわえてあげなければならない訳です。

 

単純に、浮かんできた全てにOKを出して、自分を励ましてあげることができます。

 

イラっと来たらOK、それが言葉に出さないならOK、どうにかしたくなったならOK、出来なくてもOK、こころの中に優しさが生まれたならOK、元気付いて来たならOK、

完璧でなくてもいいんです。そこに存在しているだけでいい。世界にアプローチして変えていく様になれるまでの間に出来ることがそこにはあります。

 

大好きな人に伝えたい想い

 

好きな人に好きと伝えるのは勇気が要ります。

その時心の中で何が起きているんだろう?と考えてみると色々な事が浮かんでは消えていきます。

「消えていく」というのが鍵です。

生まれたものに執着していると、その中に飲み込まれていきます。

しかし、ただ見つめているだけだとどんどん形を変えていく。まるで雲の様です。

マインドフルネス瞑想などでよく言われている考え方ですね。

そうやって、表面的なものが消えて行った時、直観が現れます。

 

そこには、本当にその相手が好きなのか?表面的な「好き」の度合いは?それを伝えるべきか?運命の相手かもしれない?

色んな情報が乗っています。

そこにアクセスする事で、身体から求める相手との繋がりをその発想の中に担保しながら、自然な行動に移せる様です。

 

よく直観は腹からやってくるといいます。

あたまで考えがちなひとは、その通路が詰まっている場合があります。

考えるよりも生むが易し

と言いますが、考えすぎもバランスが必要なのだろうと思います。

自分の性質に、ローラーコースターになる様に推進力をもって、運転できたなら、色んな事がうまくいくように思います。

 

伝えることに対するブロックを外す

 

私の経験から言うと、凄く致命的な危機感がそこには存在していて、行く手を阻んでいます。

 

何故か言えない、となると、そこには何故かの理由があるわけですが、その蓋の事をブロックと言ったりします。

 

しかし、そのブロックも外の空間にあるわけでない。

伝えられたこともあるかもしれませんが、控えめな人ほど、内面を隠すので相手には伝わらず、

そんな事考えたの!?知らなかった!

と驚かれたりします。

つまりなにが言いたいかと言うと、内面で起きている事はあくまで自分の内面のことで、外側には存在していない…つまり、内面イコール自分の世界、自分の一部、と言うこと。

ブロックも自分の一部ならば、自分で作ったり維持したり、消すことだった出来る。と言うことです。

それでも!なかなかそれが行動に移せない!

と言う人は、得意の思考を使って、短いスパンのプランを立てて積み上げていくといいと思います。

 

1️⃣先ずは、一番言いやすい人から、簡単な事を伝える練習をする。

 

2️⃣その前に、ロールプレイをする。

 

3️⃣ロールプレイの脚本が馴染んだら、キーワードを頭の中で唱え続けてみる。

などです。

 

例を挙げると、

ありがとうございます。

この言葉を笑顔で伝えられたなら、気持ちいいけど、何故か出来ない場合は、発した時に破壊される何かを見つめて緩めて、そして、目標が定まっているので、そこに向かって解決思考で臨み、プランを立てる、と言うわけです。

 

 

潜在意識から、変える

 

最終的には、自分の自我でできることはとても小さいです。

潜在意識が多勢に無勢で自我を揺り動かしているのであれば、潜在意識に働きかける事の方が根本的な解決に導く事が出来る、と考えて問題は無いでしょう。

アファーメーションなどはその例です。

 

 

…ちなみに、これは、ある雑誌に書いてあった事なのですが、

目標設定して、目標にアプローチしていく中で大切なことは、

それが自分を他人と差別化するためのものなのか、それとも誰かの為に目標を果たしたい!

と言う気持ちが乗っているか、と言うことだそうです。

 

気持ちを伝える事で誰かが幸せになる。

優しい気持ちがあるからこそ、その気持ちをうまく使う事で誰かが幸せになる可能性がグンとあがる。そんな素敵な性質が本質だとしたら、、、、。

もしかしたら、

伝えてくれたら嬉しいのにな

と相手が思っている可能性だってあるわけです。

 

伝える先に、誰かの幸せがあるだろうか?

そこにフォーカスしたなら、とても大きなモチベーションになりますよね。