自由に思いを表現する方法

こんばんは。

 

突然ですが、言葉にして出せない思いがあったり、普段から自分を出す事を好まない人がいるように思います。

 

そのままでも、自分は自分!

と思えるのであれば、それが一番いいのですが、

もしもそれが劣等感であったり、思いが喉に詰まっている様で苦しい、という時にはどんな発想をして、思いを外に表現したらいいのか、分からないという人もいるのではないでしょうか?

 

今回の記事では、そういう状態にアプローチする様々な方法を考察してみたいと思います。

 

1️⃣思いを紙に書く

 

言葉にして口から出すのは得意ではなくても、文字に書き出すのは得意、という人は、そういう特質を持っている人、という事もできます。

 

そこはそういうものなんだ、と認めた上で、自分のやりやすい方法を選ぶ、という考え方です。

 

もしも、あまりにアグレッシブでネガティブな考えが筆を進めた場合は、紙を燃やすか、溶ける紙に書いて、トイレに流すなどするといいでしょう。

 

また、不安な将来の事など、誰にも話せないで自分一人で抱えている時は、

ノートなどにそれらを一旦肩から降ろす様にして、思いつく限り書き連ねてみます。

それを時間を少し空けて見つめてみます。

自分の事、というより、そういう事で悩んでいる人、という風に客観的に見つめてみます。

そんな自分という目の前の人に、冷静にアドバイスするとしたら、どんないい発想が生まれるでしょうか?

浮かんで来たら、書き連ねた不安の課題の横にそれぞれ書き込んで行きます。

 

もし実行可能な事が有ったら、小さな事でもいいので実行に移してみましょう。

 

喉から下に溜め込んだものを、口からは出さなくても、手を通して表現して外に出した上で、それらを消してしまう、

という発想と、

溜め込んだものを人には話して表現出来なくても、自分に自由に表現して、受け止めてあげる、という発想を使った方法でした。

 

2️⃣たまに大声を出してみる

 

車の中で大声で歌うというのもいいでしょうし、

 

もし時間があるならば、誰もいない里山や、海などに向かって大声で思いの丈を叫んでみるというのもいいでしょう。

 

この時、喉を使って歌うというより、お腹から流れ出る空気圧に、強力に思いを乗せます。圧力自体が気持ちの力、という様に感じてみます。

声を出し切れないほど、息を外に出すと、お腹の下部がへこんで、力が集中しますので、その感覚に気持ちの感覚を重ねて更に声と息を絞り出しましょう。

 

この時、自分を解放してあげよう、という気持ちと、

抱え込んで迷惑をかける人が少なくなるぞ!という気持ちを原動力にします。

 

声として息に乗って外に出た気持ちは、空気の中に消えて、二度と戻ってくる事はありません。

 

海や、山などの景色ならば、力強くその景色が受け止めてくれた、と感じてみてもいいでしょう。

 

3️⃣自分を見つめて、分かった事を少しでも行動に移してみる

 

表現をしない自分が嫌だとしたら、その時、嫌だと思っている自分はどんな顔をして見つめているでしょう?嫌だと思われている自分は、どんなイメージでしょう?

 

表現をしない、というより、したくない、しない事を好んでいる、という事も見えてくるかもしれませんし、

 

嫌だなあと感じていた自分の目が、他の誰かのものであるかもしれません。

 

そこには必ず理由があるのですが、それは考えないで、浮かんで来た事だけを大切にして、

何かひらめきを感じるくらいの事があったなら、簡潔な言葉で書き残し、

頭で考えて対応策を練ります。

そして更に簡潔な言葉で、そしてスモールステップでいいので、日々実践できそうな小さな目標として、書き残し、気付いたら見つめてみる、という習慣をつくります。

 

もしかしたら、少し表現の仕方が変わるかもしれませんし、表現出来ないとしても、それが自分の生き方なのかな、とありのままの自分でいられるかもしれません。

 

4️⃣特定の友達には本音を伝える様にする

 

もしかしたら、素直な気持ちを伝えて欲しい、もしくは、そうしてくれたなら嬉しい、とまで思ってくれている人が周りにいるかもしれません。

 

ありのままで表現している自分を思い浮かべて、それが受け止めてもらえるだけでなく、喜んでもらえるとしたら…?

そんな嬉しい気持ちを、自分の中に常に宿しておきます。

人は誰かに貢献出来る時に、本当の喜びを感じる事が出来ます。

自分を守ったり、隠し通せたりする事で、自分へ意識が行くだけだと、なんだか身体も詰まっているような感じがしますよね。

ここは、解放して、更に誰かの幸せを願って、自分を出してみるというイメージを持つ事で、本来の自分に戻る事が出来る可能性は十分にあります。

 

 

どうでしたでしょうか?

 

今回は、「自由な表現」というものに障壁があると思う人に是非役立てて欲しい方法や発想をお伝えしました。

 

何かご参考になったならば嬉しく思います。