今日一日を全力で生きる

こんばんは。

 

今日一日、仕事に、家事に、人間関係に…

とても頑張っていた事と思います。

まだ、終わっていないよ。という人も沢山いますよね。

 

実は、目の前の事をこなしているだけなのに、人生の壮大なストーリーはカチカチと秒針を進めているのです。

 

短期目標を据えていたり、その上で、長期目標を据えていたり、

何か目的があるから生きていられる。そんな前向きな人もいたり、

 

その目的が、知らず知らず間に、過去の嫌な出来事の清算をする事に当てられている人がいたり、

 

どちらも、人生の目的を果たすという意味で重要な事ですね。

 

そして、その目的の向こう側にあるのは?

 

誰にでも平等にやってくる最期の時です。

 

その時に向かって、何の意味があるのか、何の理由があるのか、それは誰にも分からないけど、ただ確かにここに生命(いのち)が息づいている。

 

遠い先の事、遠い昔の事を見ている。

 

でも私たちは、この瞬間をどう生きるか決める事しか出来ないんですね。

 

今日一日。振り返ってすっきりするほど、自分の為すべき事を出来た!と思えたなら、きっと眠りも深くて質の良いものになるでしょう。

今日という過ぎた時間に未練がなくなるので、きっと明日に向かって、深い安らぎをもって望めるからですよね。

 

そして、それが繋がって行けば、毎日、活力をもって生きられる。

それは、最期の時に向かって、刻一刻と流れる時間の最小単位が、喜びに満ちている事を意味しています。

 

もう明日にも人生が終わる、取り返しがつかない、そんな時を思い浮かべた時、

 

きっと、なんでもっと喜んでおかなかったんだろう、

なんで、もっと出来る事をしなかったんだろう。

 

そんな思いを連想する人もいるかもしれませんね。

 

今日一日、誰かの役に立つ事が精一杯出来ただろうか?

その為にも、自分が本当に喜ぶ選択を、脇目も振らず出来ただろうか?

 

身体に割り当てられるエネルギーも、一日単位で見れば、限られていますが、

その分、余るものでもあります。

全部使い果たして、何の未練もなく、今日という一日を終える。

そして、明日という朝がまた生まれ変わってやってくる。

 

一日、一日、人は死に、また朝になって生まれてきます。

 

そんな壮大な生命の神秘の中で、今日一日を全力で過ごせたなら、それはとても清々しい事ですね。

 

明日の為に、そして、昨日を活かして、

 

今日の自分の為に、そして、明日の自分の為に、昨日の自分の為に、

 

そして、それらを活かしてくれた全ての存在、命、人々の為に

 

何が出来るだろうか?

 

一瞬一瞬が本番だと知っていたなら、もっと、意味のある事に沢山エネルギーを注げるはず。

 

そんな前向きな一日が、明日の一日に成ります様に。

 

そんな思いを皆様に送って、今日のブログは終わりにしたいと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。